2010年 08月 24日
ハルビン 731部隊跡
石井四郎 部隊長の部屋があった本部跡
c0005030_123215.jpg

GF1+LUMIX G 20mm/F1.7 ASP



細菌戦の為の各種の残忍な人体実験を行った様子や当時の資料が残されている。
c0005030_1265237.jpg

チフス菌やペスト菌などの細菌を中国人捕虜やロシア人捕虜に注射している様子。
c0005030_1285243.jpg

毒ガス実験室の見取り図。
c0005030_1294459.jpg

真空実験塔に捕虜を入れて死亡するまでの状態を観察している様子。
c0005030_1211680.jpg

捕虜を繋いでいた足枷鎖。
c0005030_1212830.jpg

麻酔もしないで人体解剖をしていた様子。
c0005030_12131843.jpg

解剖した人体から取り出した内臓を吊るす器具。
c0005030_1214364.jpg

凍傷人体実験では零下40℃の戸外に捕虜を立たせてフイゴで風を送っている様子。
c0005030_12162466.jpg

細菌を帯びたノミやシラミをこの陶器製の爆弾に入れて空中から投下実験していた。
c0005030_12183117.jpg

人体実験を行っていたロ号棟と呼ばれていた地下室跡
c0005030_12202946.jpg

生後3日の赤ちゃんにも凍傷実験を行っていた記録。
c0005030_12221925.jpg

敗戦直前に証拠隠滅の為の爆破で残ったボイラー塔跡。
c0005030_12244636.jpg

上層部の隊員は終戦時、米軍との裏取引で戦犯容疑を逃れ生き残り、戦後の日本の医学会に多大な悪影響を及ぼした。
c0005030_12275727.jpg

これが現在までに続く様々な薬害問題などを引き起こした、ひとつの原点でないかと思う。

by delsole7 | 2010-08-24 12:35 | LUMIX G 20mm/F1.7 AS | Comments(6)
Commented by inamoku at 2010-08-24 16:40
どうやれば死ぬか、どうやれば長持ちするか・・・
敵はもちろん味方も単なる戦争の道具として扱われた時代ですね。
Commented by delsole7 at 2010-08-24 20:58
inamokuさん、こんばんは。

日本政府がこの事実や施設に対して何の対応もしていないことが気になりました。
Commented by jmiin at 2010-08-25 05:22
人間の残虐性が自由になると、こうなれる。と言う感じですね。

変な意味ではなく、良いものを見せてもらいました。感謝します。
Commented by delsole7 at 2010-08-25 07:48
jmiinさん、おはようございます。

ここの前には中国人の心の広さや中国政府の寛大さを感じる所に行って来たので
日本人の他国人に対して行ったことへの無関心さや心狭い島国根性を感じました。
Commented by chobi at 2011-06-12 01:40 x
初めまして。
(古い記事へのコメントで申し訳ありません。)

731部隊について調べていた折り、こちらのブログを発見しました。
南京虐殺については目にする機会が多かったのですが、731部隊に関しては、中国の方からもあまり話に出てこず、周知されていないのかと思っていたのですが、中国にはこの様な資料館があったのですね!!

当然で申し訳ないのですが、一つお伺いしたい事があります。残忍な人体実験の種類が書かれたパネルと毒ガス実験室の見取り図は、当時のものを参考に作られた物でしたでしょうか?

お時間がありましたら、お返事をよろしくお願い致します。
Commented by delsole7 at 2013-07-07 15:08
chobiさん、はじめまして。

今日までコメントに気が付きませんでした、返信が遅くなって申し訳ありません。
見取り図の件は確認しておりませんが、ガイドさんの話では全て当時の様子を復元しているとのことでした。


<< 方正 日本人公墓      ハルビンから方正へ >>