2009年 11月 06日
干し柿
こちらでは吊るし柿とも呼ばれていて山間部の農家で稲刈りの後にビニールハウスを建ててお正月用として作られている。
c0005030_8533839.jpg

久方ぶりにFA35を使ってみたけど軽くていい、とりあえずレンズにカビが生えていなくて良かった。
K7+FA35mm F2AL



c0005030_8544413.jpg

c0005030_8553733.jpg


by delsole7 | 2009-11-06 08:56 | FA 35mm F2AL | Comments(10)
Commented by wisteria_apr at 2009-11-06 11:31
こんにちは。
干し柿だと農家の軒先辺りにぶら下がっている風景が良く見られますが、
ビニールハウスで此処まで大掛かりにやっている所もあるんですね。
商品として売り物にするからこそでしょうけど・・・^^

1枚目を見ていると柿と言うよりプチトマトにも見えなくないような気が。
Commented by yhei_boogie at 2009-11-06 15:00
はじめましてっ
1枚目をみて、おおすごい物量感!とびっくりしたんですが、
3枚目をみて、予想以上に奥行きが長くて笑っちゃいました笑
こんなビニールハウスもあるんですね~
Commented by delsole7 at 2009-11-06 18:29
wisteria_aprさん、こんばんは。

農家の軒先にぶら下がっているのは自家食用の干し柿ですね、
ここら辺には柿ノ木が沢山あって今年は柿の当たり年らしいです。
Commented by delsole7 at 2009-11-06 18:30
今は柿の出端なのでこんなものですが、今後はこの辺り一帯の田んぼが
こんなビニールハウスだらけになり壮観な風景に様変わりしますよ。
Commented by gomente at 2009-11-06 21:21 x
うちの周囲にはなぜか柿の木のあるお宅が多いのですが、どちらかというとまだこの黄色っぽい方の柿の色に近いのが多いです。
最後の一枚はつまらなくなりがちな構図に干し柿ハウスのアクセントがついていいかんじになりましたよね。その向こうの赤が混じった木々も生きてきますよね。
Commented by delsole7 at 2009-11-06 22:04
gomenteさん、こんばんは。

この辺りの柿の木の実は殆ど熟していて家にも一本あるのですが、
鳥の標的になっていて食い荒らされています。
日本の里山の風景は単調で地味なのでなかなか絵にするのが難しいですね。
Commented by gomente at 2009-11-07 00:17 x
こういう風景って水平にずーーーっと続いて行ってそれが肉眼では「わーすげー」って気になるんですが撮るとなるとどっかで切らないといけなくてあんまりサイドを欲張ると真ん中がしょぼくなるしね、特に広角は。やはり全体のバランスをシビアに見ないといけないんで、だから視野率100はすごく重要なんですよね。97%発覚して「トリミングすりゃいい。大した問題じゃない」とかって、ありえない。
Commented by delsole7 at 2009-11-07 09:41
gomenteさん、おはようございます。

風景と花の写真を撮るのが難しいですね、自然界を切り取ることになるのですが、共に完結した世界なのでどこで切ったらいいのか迷います。
100%の視野率は本当に有り難いですね、フレーミングするときに要る物がきちんと入っていて要らない物は避けることが出来ることは大事です。
Commented by jikomannte at 2009-11-07 20:11
干し柿のタイミング、わりと早いところなんですね。
吊るしたばかりの鮮やかな色、堪りませんね。
Commented by delsole7 at 2009-11-07 22:35
純兵衛さん、こんばんは。

お久しぶりのコメントありがとうございます。
今年は早めのタイミングのようですが、今月中旬から真っ盛りになるようです。
こんなのを撮ってみると、K-7の発色もやっとJprg撮って出しで使えるようです。


<< 雑草      深山幽谷 >>