2005年 05月 06日
ミールで撮る三色
雨が降り止んだばかりの薄暗い空模様なのにロシアンレンズで三色のカーネーションの色表現は良好。ロシアは鉛色した空模様が多いと聞くから、こんなドンヨリな曇り空でも特に赤色表現とかは相変わらず得意なのかな~。
c0005030_11113768.jpg
*istDs+MC MIR-20M F3.5



c0005030_11292873.jpg
オットットト・・また雨が降り始めたので慌てて、ピンクはピンボケのお粗末。
c0005030_11501137.jpg
*istDs+MC MIR-20M F3.5

by delsole7 | 2005-05-06 11:15 | MC MIR 20mm F3.5 | Comments(9)
Commented by sakoyan4 at 2005-05-06 14:01
普段は性能のいいレンズも高彩度飽和には弱いですもんね。
やるな~プーチンなミール20号。
そういえば古いSIGMAのレンズも赤飽和しにくかったです。
個性溢れるレンズって面白いですね(^o^)
Commented by delsole7 at 2005-05-06 14:31
さこやん、なるほど鈍臭いロシアンにも良いところがあるのですね。
高性能な最近のレンズは繊細すぎて過激な赤色表現とかには弱いのでしょうか。色っぽい味表現も国産レンズは淡泊気味でLC1のライカ紛いのズミクロンはこってり色っぽく描くみたいです。彼らの蒼い瞳に映る赤と私らの黒い瞳に映る赤そのものが違う感じなのでしょうか?、
そんなコト関係ないのかな。
Commented by p_chansblog at 2005-05-06 15:23
個々のレンズの基本的なクセがわかってきたら、
撮る時には色温度調整。見る時には、色相、明度、彩度を補正しましょう。
それですべて解決です。(笑)
Commented by delsole7 at 2005-05-06 15:41
p_chanさん、istDsで撮るのは全てRAWなので色温度調整も色相、明度、彩度の補正等も現像時にやっています。但し現像ソフトの使い方がイマイチ・イマニなので赤い花の色っぽさ?や生々しさ表現とかは簡単に解決できそうにありません(×_×;)
Commented by tabo2005 at 2005-05-06 22:13
ズッコケさん,こんばんは。
今日あたり,D FA マクロ50mmF2.8が到着しているのではと,楽しみにして仕事から帰ってきましたが…。
アップは明日ですか。
3枚ともクリックして拡大してモニターに顔をうんと近づけて見たけど,ピンクがピンぼけしてるのは,ぜ~んぜんわっかりましぇ~んでした(;;)しくしく。ビギナーの悲しいところです。
あと,皆様の会話の内容も専門用語が多すぎて,「ぜ~んぜんわっかりましぇ~んⅡ」です。
勉強しますですp(^-^)qハイ。
Commented by delsole7 at 2005-05-07 00:36
tabo2005さん、こんばんは。
DFAマクロ50mmは来週半ばに到着する予定です。
それとゴメンナサイ、専門用語?は出来るだけ使わないようにします。でも、分からないコトはどんどん遠慮なく書き込んで下さい。私があまり知らないことでもコチラには詳しい専門家の方達から説明が戴けると思いますので速攻で理解も深まると思いますから。
Commented by rin6174 at 2005-05-07 10:41
色については現像ソフトで好みの色に仕上げていらっしゃいますか?
それとも限りなく本物に近く?
Commented by delsole7 at 2005-05-07 11:44
倫さん、限りなく本物に近くにはならないので好みで仕上げています。
例えば快晴昼間に撮ったモノでも夕暮れモードにしたりして楽しんでいる方が多いですね、下のカーネーションも夕暮れモードで遊んでいます(;^_^A
Commented by rin6174 at 2005-05-07 20:44
なるほどなあ・・・
写真は自分の印象を表す(伝える)ものと思っているので、私もたまにですけれど
編集することがあります。
最初より自分が思う姿に近くなるとちょっと嬉しかったりします(笑)


<< ミールで撮るイタリアの水      カーネーション >>