2005年 05月 19日
Matrox Parhelia
c0005030_11204367.jpg
PCのビデオカードのドライバーアップデートに失敗してしまい画面真っ暗闇を彷徨っていました。仕方なくOSのクリーンインストールをやらざるを得なくなり写真撮影どころではありませでした。元データーは何とか取り出せてやっと復帰できましたけどPENTAXのPhotoBrowserのCDが見当たらずRAWのサムネイル画像を見ることが出来ません。どなたかペンタのRAW画像のサムネイルが閲覧できるようなフリーソフトをご存知ありませんか?。



c0005030_1625314.jpg
c0005030_16252191.jpg
c0005030_16253755.jpg
*istDs+DFA Macro50mm/F2.8

by delsole7 | 2005-05-19 11:21 | Comments(11)
Commented by p_chansblog at 2005-05-19 11:25
おや、そんなトラブルが。。
Susie32 プラグインなら一瞬で検索できたよ。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se315642.html
すきなソフトに埋め込んでつかえるみたいです。
っていうか、自分で調べなさい!(笑)
Commented by delsole7 at 2005-05-19 11:57
巨匠なp_chanさん、アドバイスありがとうございます。
上記プラグインはistD専用みたいで残念ながらDsには
未対応のようです。
Commented by sakoyan4 at 2005-05-19 12:12
http://www.geocities.jp/mint_istd/RawThumb2-1_1_0_10.zip
これをインストールしたらエクスプローラーでRAW縮小画像が見れるはずです。
お試し下さい。
Commented by delsole7 at 2005-05-19 12:32
巨匠なp_chanさん,バージョンが上がっている
pefspi.spi 031だとistDsに対応していました。
Commented by delsole7 at 2005-05-19 12:44
さこやん、ありがとう。
エクスプローラーでも見れるようになりました。
Commented by p_chansblog at 2005-05-19 17:26
よかったですね!

しかし、DAマクロの描写、こういうメカニックなものには強そうですね。
とくに基板とか精密機器の描写は、ボケ味が必要ないから、
できるだけシャープなマクロレンズが有利です。
今までは、ズイコー50/3.5マクロか、Aiマイクロニッコール55/3.5
あたりがベストチョイスでして、AFではなかなか良いレンズが
なかったのですが、場合によりこのDAは候補かもしれませんね・・・
Commented by delsole7 at 2005-05-19 18:04
巨匠p_chanさん、本当にありがとうございます。
マクロ撮影では花撮りよりこういうメカニカル描写が好きです。
DFAマクロはデジタルに合わせて開発されたようなので、
今後の使い方を色々と試して行きたいと思っております。
Commented by fuwafuwa-razuri at 2005-05-19 22:44
ズッコケさん、PC復活できてよかったね。
わたしみたいにバックアップ前のデータを思いっきり飛ばしてしまわないよう
万全を期してください(^^)
PC基盤の描写、興味津々です(@_@)
Commented by delsole7 at 2005-05-19 23:04
razuさん、ありがとうございます。
データーをどうやって取り出そうかと最初は焦りまくりましたが、
友達にPCに詳しい人に聞いてもらったりして何とか事無きを得ました。
日頃のバックアップの大切さを痛感した次第ですが、
今回の件で撮り隊の進軍ペースが狂ってしまったのも痛手です。
Commented by rin6174 at 2005-05-20 00:47
とりあえず復旧できたようで、よかったですね
大事なデータと重々承知していながら、
日頃はつい、壊れない前提で使ってしまいますね・・・
仕事でお客様のものは注意していますが、自分のことは無頓着です
気をつけなきゃ(笑)
Commented by delsole7 at 2005-05-20 07:38
倫さん、ありがとうございます。
そうです、そうです。1ヶ月以上もバックアップしていなかったのでデーターは諦めかけましたが何とか救えたときはホッとしました。このブログのおかげで助かった部分もあるので皆さんに改めて感謝しています。


<< インパチェンス      色撮りどりの光と影 >>