2005年 09月 12日
年代モノ
c0005030_119456.jpg
Panasonic DMC LC1




昨日は米国で9.11同時多発テロが発生して4年目です。当日はヨーロッパ旅行に出発してアムステルダム経由でロンドンに到着したその日でした。ヒースロー空港のテレビを観てても様子がさっぱり分からず、ホテルで新聞を読んでも詳しい状況は把握できませんでした。数日後ユーロスターでパリに入りそのまま観光しててもフランス人は平静だったので大惨事の実感が湧かないままTGVに乗りアルプスを超えてイアリアのミラノに入り、やっとホテルでインターネットに繋がる環境になりasahi.comを覗いてビックリしたのを思い出します。その時すぐに次はニューヨークに行ってみようと決めて帰国して、年の瀬も押し詰まった12月の18日には日本人観光客は誰も乗っていない空席率95%以上のガランとしたノースウエスト機上の人になっていました。当時はデジカメを持っていなかったのでコダックの○○チョンで撮った拙い記念写真しかないので、次回つづきを書くときもお話だけです。
c0005030_1194415.jpg
c0005030_1195991.jpg
Panasonic DMC LC1

by delsole7 | 2005-09-12 11:11 | Panasonic LC-1 | Comments(10)
Commented by fei62 at 2005-09-12 15:19
空席率95%以上のガランとしたノースウエスト機上の人になってしまうところがズッコケさんらしいデス。
武徳殿という名前から推察すると武道場ですか?もしもそうならば、内部には柱のない大きな空間があるはずです。中の構造を見てみたいですね。昭和初期の建築でしょうか。
Commented by biwakokayo4 at 2005-09-12 15:30
こういう古い木造建築が保存するか、壊すかの瀬戸際ですね。
ここは文化財に指定されたので安泰ですね。
NYテロから4年目ですか・・・。
私はテロがなければ、1週間後にあのWTCビルの屋上に立っている予定でした。
私は予定通りいくつもりでしたがNYにいる姪が
パニックになっているから来るなと止められました。
1年後に行きました。
それでも惨状が見られました。
ズッコケさんが見られた光景はもっと生々しかったでしょうね。
Commented by sakoyan4 at 2005-09-12 15:52
満席率が95%じゃなくて空席率ですか・・・。
いかに航空業界に打撃を与えたか、わかるってものですね。

それにしてもそんな状況下じゃツアーでは行けないでしょう?。
もしかしてズッコケさんもkayoさんも英語ペラペラですか。
ハロー、ハマチー。
いいなぁ英語、喋れたら楽しいでしょうね(^-^)
Commented by delsole7 at 2005-09-12 16:22
fei62さん、この建物は恐らく武道場だと思いますが、内部には入れませんでした。建物の横に説明看板があったのですが、うっかり見落としていつ頃建てられたのか不明です。
Commented by delsole7 at 2005-09-12 16:28
kayoさん、古い建物が文化財として生き残るかと思えば、WTCビルみたいな近代的な建物が一瞬にして消え去る世の儚さを感じます。事件から3ヶ月後に訪れたときはまだ爆発の煙が立ち上っていましたけど、意外にも周りのビルの被害の少なさが異様でした。
Commented by delsole7 at 2005-09-12 17:29
さこやん、時期が危なそうな時期だったので超ディスカウントなエアーチケットと、大統領がいつも泊まるという超一流なホテルが信じられない程メチャ安だったので一人で豪勢な旅をしてましたぁ。英語はトンと喋れないのに夜はブロードウェーでミュージカル鑑賞三昧して遊んでいたけど、当時の米国人はテロの衝撃でなんだかとっても親切でしたよ。

Commented by corobo at 2005-09-12 21:22
ブロードウェーでミュージカル鑑賞三昧の話し、懐かしいですね。

ところで、Dsが調整中とか。
でも、LC1もいいですよね。
ブローニーもいいですよ。いかがですか、ブローニーの世界へ。
Commented by delsole7 at 2005-09-12 22:50
coroboなhpさん、LC1はWBのAUTOが優れモノなので安心してJpg撮り出来ます。35mmフィルム一眼のFAもヘキサーも手つかず状態なのにブローニーなんて、どこかのブログのタイトルみたいに「夢のまたユメ」です。
Commented by rin6174 at 2005-09-13 00:42
ほんの1、2年前の、それも自分の身に起きたことの記憶の遠さ
いえ、それは無理やり遠くへ追いやっているのかもしれません
文化だの文明だのと、それらはすべて人の都合のかたち・・・
相対でなく絶対を追うことの虚しさは、恥ずかしながらこのトシになってやっと
思うことなのでありました
ああ~・・・眠いせいでわけのわからないことを・・・すみません(..)
Commented by delsole7 at 2005-09-13 01:01
倫さん、まだ蒸し暑さが残る火の国の秋の夜長のひととき、
小田和正の「そうかな」を聴きながら相対性の彼方に思いを馳せております。諸行無常・諸法無我・・・涅槃寂静、静かにもう寝ます。


<< LC1でセッシャー      佐敷城趾 >>