2006年 07月 13日
ロシアンレンズをはかるくん
文部科学省の外郭団体(財)放射線計測協会が無償で貸してくれる簡易放射線測定器「はかるくん」でアトムレンズの疑いがあるMADE IN RUSSIAの2種のレンズ、ZenitarとMC MIRのガンマ線量を測定してみました。
c0005030_719591.jpg

ご当地の自然放射線平均値のガンマ線量は0.039シーベルトらしい。
MC MIRの横では0.052シーベルトを表示しているので、含まれていると思われる酸化トリウムによるガンマ線が僅かだが漏れ出ているようだ。
旧いM42系やロシア系のレンズをお使いの方は一度測定してみたら如何。

by delsole7 | 2006-07-13 07:20 | Comments(6)
Commented by p_chansblog at 2006-07-13 10:02
こ、ここまでやるとは・・ マニア道、恐るべし・・

さて、じゃあ、私は、ダウジングでもするか・・(笑)
Commented by delsole7 at 2006-07-13 10:44
p_巨匠!

ダウジングは米海兵隊の地雷発見法として有名ですね。
レンズ沼で地雷を踏まない方法の発見をお願いします。

それと琢磨50mmF1.4は極端に放射線量が多いみたいなので要注意デス。
Commented by sakoyan5 at 2006-07-13 19:39
放射能測定器と言う物騒なものの名前が「はかるくん」と言うのがナンセンスで面白いです(笑)
匠さん計ったら反応しそうな予感がする。
だってあの記憶力はおかしい・・・、幼少の頃放射能を浴びて進化したとか ←ゴジラか?
Commented by delsole7 at 2006-07-13 19:55
さこやん、匠巨匠ゴジラ説、膨大に所有されているらしいM42レンズ群から被爆されたのかも?。
Commented by buebue at 2006-07-13 23:12
ほほう。被爆レンズというやつですね。
お店で計ってから購入するというのもありでしょうか?
Commented by delsole7 at 2006-07-13 23:18
buebueさん、「はかるくん」は二週間貸してくれるので、アチコチのお店に持って行って計ってみることも出来るから、これは計り売りじゃなくて計り買いですネ。


<< 電車に乗り隊      九州新幹線橋梁工事現場 >>